ゴールドコーストの留学タイプを比較 ー ワーキングホリデー・海外インターン・大学留学の特徴とメリット

ゴールドコースト留学には語学留学だけでなく、ワーホリことワーキングホリデー、海外インターン、大学留学など様々なタイプがあります。ワーホリの時給や仕事、海外インターンの探し方、大学留学の流れ、キャリアアップや就活に活かす方法など、各タイプの特徴をメリットを徹底的に解説します。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは、18〜30歳以下の若者が日本以外の国に1年間移住し、現地の生活や文化を知るためにある制度です。1ヶ国につき一度のみ取得し、利用ができます。

オーストラリアは日本と初めてワーキングホリデー制度を結んだ、日本との歴史が長い国です。ワーキングホリデービザでの滞在中は語学学校での勉強、現地での仕事が認められています。

ワーキングホリデーはこんな人にお勧め

1.海外経験を得たい人

ワーキングホリデーで渡航する人の多くが最初はホームステイで滞在します。

ホームステイはオーストラリアに住む一般家庭で生活を共にし、家族との生活や食事を通じて文化を学ぶのに最適な環境です。

ゴールドコーストは街の規模が小さく交通面もシンプルなので、大都市に比べて現地環境を把握しやすいメリットもあります。

初めて留学をする人にとって、ゴールドコーストはとても海外生活に馴染みやすい都市と言えます。

2.英語を勉強したい人

英語圏に留学をする人のほとんどが、英語力の向上を目的としています。オーストラリアは教育水準が高く、世界各国から留学生が訪れている人気国です。

オーストラリアで使われている英語は、アメリカやイギリスとは若干違う訛りがあると言われますが、第二外国語として覚える日本人にとっては正直気にする必要はありません。

どこの国で勉強をしても日本人訛りの英語になってしまいますし、当然、オーストラリアで覚えた英語は英語圏のどこでも通用します。

3.自由に生活したい人

ワーキングホリデービザは入国から最長1年間の滞在が可能なビザです。

ただし、オーストラリアのワーキングホリデーはほかの国とは異なり、オーストラリア政府が指定する季節労働(畑仕事など)に90日間従事することで、滞在できる期間が1年延長される制度もあります。

滞在期間中はオーストラリアのどこの都市に住んでも良く、観光、就業、就労、どれも許可されています。自分の好きなように生活できる自由さがあります。

また、2019年の7月からは最長3年間となる予定です。30歳以下は申請ができるので、社会人でも申請可能です。

どんな仕事がある?

高い英語力を必要とする仕事の例

  • 日本食レストランのホール
  • ローカルのカフェやレストランのホール
  • 通訳

日本食レストランでもお客さんにオーストラリア人が多いお店の場合、お客さんの言っていることが聞き取れるリスニング力が必要です。

ローカルのカフェやレストランの場合、接客はもちろんスタッフ同士のコミュニケーションでも英語力が求められます。

通訳になると、日常会話だけでなくビジネス英語や専門用語にも対応できる必要があります。

英語力が必要ない仕事の例

  • カーウォッシュ
  • ディッシュウォッシャー(皿洗い)
  • ホテルのハウスキーピング

主に肉体労働だったり、接客が必要ない仕事であれば英語力がなくても可能です。

ゴールドコーストワーホリの費用内訳

ホームステイ費用約100万円
渡航費10万円
語学学校の学費入学金:約1.5万円
授業料:約38万円
テキスト代:約1万円
海外保険約15万円
ビザ申請約3.5万円
その他(交際費、生活費など)60万円~
合計230万円~

滞在費として家賃、食費、ネット代が含まれます。ワーホリは就学が最大16週間までと制限があるため16週間分の費用概算です。また授業料は通う期間によって割引がある学校が多いです。

ワーホリの仕事別時給相場

日本食レストランスタッフ時給14ドル~(約1,100円)
ローカルカフェやレストランスタッフ(安い時給)時給15ドル~(約1,200円)
ハウスキーピング、カーウォッシュ時給18ドル~(約1,400円)
ローカルカフェやレストランスタッフ(高い時給)時給22ドル~(約1,750円)

上記の例の通り、実際は最低時給を下回っている求人も多くあります。英語力ない、など働き手の方に弱みがある場合など時給が低くなっています。

語学留学との比較

1年間の留学でも、ワーキングホリデービザと学生ビザでは語学留学にかかる費用がまったく異なります。以下費用の概算をご紹介します。

ワーホリ約230万円~(最低限必要な費用の目安)
学生ビザ約300万円~(最低限必要な費用の目安)

ワーホリの場合、語学学校に最大16週間までしか通えない決まりがあります。それに対して学生ビザは、滞在期間中は学校に通う必要があります。そのため学費で3〜4倍変わってきます。

また就労に関しても違いがあります。ワーホリの場合はフルタイムでがっつり働き収入を作ることができますが、学生ビザの場合は週20時間までの制限があります。

どちらも生活費は月に5万円程度みた概算としていますが、外食好きの人や旅行好きの人はもっと予算をみておく必要があります。

ワーキングホリデー場合は、アルバイトをしっかりやることができれば日本で準備した資金を全て回収して、更に貯金して帰国することも可能です。

ワーホリで必要な持ち物

衣服

ゴールドコーストは通年温暖な気候のエリアなので服装は基本夏服。パーカーのような羽織れるものが少しあればOKです。インターンシップで働く予定をしている人はスーツや革靴も持参しましょう。

変換プラグ

オーストラリアは日本とコンセントの形状が異なるので、変換プラグを挟む必要があります。家電量販店などで安価で購入可能です。変換プラグを忘れると、パソコンやスマートフォン、デジカメが充電できないので注意しましょう。

クレジットカード

オーストラリアはカード社会です。最低でも2枚はクレジットカードを持参しましょう。オーストラリアではJCBがほぼ使えないためビザかマスターカードがお勧めです。

日焼け止め対策

ゴールドコーストは日本と比べて紫外線が非常に強いです。年中晴れているので日焼け止め対策は必須。サングラスや帽子など用意しましょう。